【エッセイ 2002年初冬 エッセイ 医師としてまだまだだと思うこのごろ】

 11月から連れ合いと一緒の医院を始めています。連れ合いは、長く別病院で内科を
やって。11月から医院を内科外科耳鼻科にして一緒に仕事を始めたのです。

 彼にある種の羨望を感じています。この業界に必須の人当たりのよさ。笑顔。
嫌なことがあっても笑い飛ばせる器量。つまり私は25年彼とつきあっていますがここ
までの人になるとは思わなかった。のろけではなく羨望です。人間に幅があれほど出
るとは思いませんでした。私よりずっと上。
のろけでもありません。完全に私と差があいてしまったと感じたのです。

 25年(私が18の時から)ずっと付き合ってます。
その後結婚し20年目(一番上には大学1年の娘がいる・・・はい。計算はあいますね)
ですが、不思議な夫婦で「妻、夫というより18歳の時からのライバル」(いい意味で
です)がそのまま結婚したような気がします。

 ただ今回はじめて一緒の事業をはじめて私が「負け」だと、認めました。

 彼が苦労したこの10年、私も仕事はフルにしてたけど、甘かった。彼の苦労は並大抵
ではなかったでしょう。今彼の10年前よりもっと豊かになった人当たりの良さ、移って
きた者さんに対する人気と数でよく解りました。
本当にもっともっと私も「内面から充実しないと」1週間で痛感しました。

 彼にふさわしい、すくなくとも彼くらいの人間になりたい。

こういう気持ちになったのは初めてです。私は今まで長女を育てながら、まったく休まず
社会にもまれ、長女を連れて8,9年勤務した後、2人目を生み、医師をして、10年講師とか
医師をしてたけど何をしてたのだろう。まったく苦労しらずの御嬢家業だったのではって。

 だから、11、12月いっぱいは努力努力です。

エッセイ集2、2001年秋からのページに戻る

耳鼻科50音辞典フロントページに戻る