【エッセイ 2002年初冬 エッセイ 品格や美しさは苦労から】

 疲れが出て昨日書き込んでから木曜は午後お休みなので、なんと3時から6時まで。夜
10時から5時まで寝込みました。頑張りすぎてる、解ります。

 実は今の苦労はけしてあだにはならない。ふと、患者さんで綺麗な60代の女の方を思
い出しました。
昨日もこられたのですが、柔らかい、スリムな方で、服装もさほどはなやかでもない。
でも統一されたワントーンコーデイネート。たまにはジーンズの時もある。(スリム
なんでしょう)
でも何が綺麗かというと姿勢。それに、言葉遣い、品。話していると言葉に品格があって
しかも優しい。さほど目立つ方ではない。声は柔らかいアルト。薄化粧。
でも品がある。おうちもさほど裕福でたまらないということもないごく普通のおうち。

 で、この品はどこから来たのだろうといつも思っていました。
昨日、思い切って、昔の仕事をお聞きしたら、保険の外交員、勧誘、外回りを長い間
勤めていたとのことです。

 保険の外交員というのは私が見ても大変と解ります。玄関先で断られることもしょっち
ゅうでしょう。しかも言葉遣いも丁寧でないと勤まらない。そういう長年のプロ意識が
この方に染み込んだ「品」として出たのではないでしょうか。この方の今の美しさに
何十年、何度、いや何十回心の中で泣いたかと思うのです。

 寒い中ずっと歩き回る。並大抵のことではないでしょう。それで保険に入ってくれる
かと思うと玄関先でおっぱられることもあるでしょう。
何度彼女ですら「やめたい」と思ったか解りませんでしょう・

 その苦労の間に、おそらく歩き方、話方、姿勢、お客様とか、その他の方を不愉快にさ
せないようなプロとしての自覚が自然に芽生えたのではないかと思う方です。

 私も思いました。私の医院に来る方は病気を治すためでなく心を癒してほしいという
こともあるのだろう。それを感じ、そうする努力、言葉遣い、説明をするのも、医療
だけでない「医師としてのプロ」に入ってる要素なんだろう。

 もちろん「働かないと出てこない」などとは言っていません。昔は大家族で姑様がいて
お嫁さんは本当に苦労してたと思う。その結果奥さんとしてプロが出来たと思う。
(実際私もお姑、大姑と昔暮らしてたから解ります。毎日泣いていました。
言葉使いから。)
いまだ私が夜間電話恐怖症なのはそのせいでないかとは思うけど・・・)

 また外国からお帰りになった方もそうですね。いろいろ環境も変り、言葉も変る。
日本人だけで固まれない異国の中で、言葉から苦労してる。その中で子供さんを育て
そして、数年その中で一生懸命慣れない文化に慣れようとするストレスもあります。

 苦労はプロを作り、プロは品格を作る、男性でもそうですね。中田ヒデ選手には
昔なかった柔らかさとか品が出ています。
 
 今はそういう苦労を「避けて通れる」時代でもあるのです。苦労とはまた「叱られる」
ことも入っています。
 
 私もストレスいっぱいの毎日です。随分白髪も増えたし、また、口内アフタが1ヶ月
治らない。しかも毎晩酷い肩こりに悩まされています。
 これはおそらく私が医師としてのプロを選んだ上でも仕方ない、今特に連れ合いと
新しい形態で仕事したから仕方ないことです。
 苦労は無駄にならない。萩原智子(山梨学院大)が言ってた「努力は裏切らない」
プロとしての苦労は裏切らないと信じるしかないでしょう。
 
 

エッセイ集2、2001年秋からのページに戻る

耳鼻科50音辞典フロントページに戻る