【エッセイ 2001年年末 2001年スポーツ界を振り返り】

今年の1年ですが10大ニュースの前にまずアメリカのテロがこれだけ大きかったとは
と言うことです。後不況、リストラ、休部、廃部・・・でしょうか。


MVPはイチローでしょう。

1月   サッカー天皇杯は鹿島優勝。さて来年は?

実業団駅伝でコニカ優勝。富士通が2位。

箱根では順大優勝

2月  世界ノルディック選手権。ジャンプも複合も欧州とルール改正に遅れをとりメ
ダルゼロ。

スピードスケート世界選手権で田畑真紀が3位入賞。500、1500、 3000、5000の総合だか
ら大変な快挙。

3月  さすが清水、されど清水、  スピードスケートで清水宏保が一度破られた世界新
記録を塗り替える。今度のソルトレイクシティの会場はかなりの高速リンクです。  
同会場で世界記録と日本記録が次々に塗り替えられる。

TOTO始まる。

4月 シドニーから8カ月、  悲喜こもごものなか各種目の夏競技の次の段階へ。

男子全日本柔道で篠原信一を井上康正が破る。

イチローのマリナーズでの活躍が始まる。

5月  東アジア選手権   ほとんど知られないのではと心配してたけど・・やはり体操
ファンとしては塚原直也なしで臨み、それで富田洋之という大学3年の新エースが個
人総合3位に入ったのはすごいことです。

6月  あのバレーの名門日立の廃部。 結局どこもチームごと受け入れはしてくれなかっ
た。  このあたりから実業団の雲行きに不安。

7月  私は引っ越し。

世界水泳選手権 福岡で開催。  シンクロペアで立花、  武田ペアが金。後競泳も大西
順子なども踏ん張ったし、 飛び込みもメダル。  ただすごかったことはイアン・ソー
プでした。

世界柔道  田村亮子のケガをおしての5連覇。 しかし男子はふがいなかったぞ。

でも普通秋に行われる世界柔道は今考えるとこの暑いさなかに行われてよかった。秋
なら派遣されなかったかもしれない。

8月 世界陸上  室伏広治のハンマー銀。為末大の400障害銅。  土佐礼子マラソン銀
と健闘光ります。

世界ワールドゲームズイン秋田 でいろいろな競技を楽しめました。

ユニバーシアード  ちなみに大阪の五輪招聘は簡単に没になったあと2008年は五
輪は北京。その北京でユニバーシアードが行われました。

9月 まさかのアメリカのテロ・・・これからいろいろな競技が影響を受けます。

日本はプロ野球で近鉄優勝。  おめでとう。そしてヤクルト優勝。

高橋尚子のマラソン女子世界最高。ただ1週間後に塗り替えられましたが。

10月   世界体操選手権および世界新体操選手権への選手派遣を中止。テロの影響が
懸念ということ。 辛かった。

駄目押しのように日体大体操部体育館の火事に、名門河合楽器体操部休部。アメリカ
のテロがここまで影響していったとは。そしてリストラの波がいろいろな競技に一挙
に押し寄せてきた。

このあたりから引っ越し疲れも長女受験も重なり、スポーツを見ることが体操のこと
を連想させて2カ月ほど見れなくなっています(今も後遺症は続いて、12月放映の日
本は出ていない世界選手権体操と新体操の12月のビデオは封印しています)


日本シリーズどっちが勝ったかも覚えてない。このころからほかの競技を見るのが苦
痛になりました。何故体操とか新体操だけこういう目に(目標の世界選手権に選手が
派遣できない)のか。


11月  いてもたってもいられず全日本体操選手権と新体操選手権を見に車を運転して
高知まで行きました。

あ、バレーはグラチャンしてたっけな。

イチローは大リーグの新人王とMVP。

12月 まだ何かありそう。ざっと大きな大会だけです。

来年は冬季五輪とワールドカップイヤーですね。スポーツが楽しめることを期待して
やみません。

それと体操新体操に悪夢のようなことがあって、来年はファンとしては是非明るい話
題が欲しいです。

エッセイ集2、2001年秋からのページに戻る

耳鼻科50音辞典フロントページに戻る