【耳鼻科とドーピング】

簡単に耳鼻科と関係あることについてまとめております。もし訂正すべきことがあったら教えてください。
まったく無知のことを勉強するのは大変でした。やはり現場にいるわけでないので、私が自分で調べた最小限の知識のみ
調べておきますが,現場に出てるわけでないので、訂正すべき点はあるかもしれませんし、
やはり対象選手の方はコーチやドクターに相談するのが一番と思います。
もしここを見られてる選手の方がいたら、コーチやチームドクターと相談して下さい。いつか現場で教えていただく
点があれば訂正していきます。

お薬110番のドーピングの部屋に薬のリストがあります。


また個別に神戸薬科大ホットラインの相談窓口があります。
SWIMMING MAGAZINE5月号で紹介していました。ここからメールでの相談を受け付けてくれます。
078-441-7538(ファックス相談)
神戸薬科大ホットラインです。今インターネットで相談してるというのでHPのアドレスを書いておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1、ドーピング対象の薬物、方法、規制・・下に分類しています

1)ドーピングとなる薬物
A 興奮剤・・・・耳鼻科で留意する興奮剤
 
B 麻薬性鎮痛剤・・・・・耳鼻科で留意する麻薬性鎮痛剤

C タンパク同化剤・・・・耳鼻科で留意するタンパク同化剤

D 利尿剤・・・・・・・・・耳鼻科で留意する利尿剤
 
E ペプチドホルモン・・・ぺプチドホルモン

2)禁止方法
A 血液ドーピング・・・血液ドーピング

B 薬理学的、化学的、物理学的不正操作・・・薬理学的、化学的、物理学的不正操作

3 )一定の規則の対象となる薬物
A アルコール・・・・国際スポーツ団体と責任を有する専門家の意見に基づき検査を施行することができる。
     その結果制裁を伴うことがある。

B マリファナ・・・国際スポーツ団体と責任を有する専門家の意見に基づき検査を施行することができる。
    その結果制裁を伴うことがある。

C 局所麻酔剤・・・耳鼻科で留意する局所麻酔剤

D コルチコステロイド(副腎皮質ホルモン)・・・耳鼻科で留意する副腎皮質ステロイド(コルチコステロイド、グルココルチコイド)

E ベータ遮断剤・・・・・β遮断薬

以上です。

お薬110番のドーピングの部屋で薬を確認してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2、市販薬の場合、風邪薬,アレルギー性鼻炎、頭痛薬などでドーピング禁止薬を含む例、含まない例

3、病院で処方される薬の場合、、風邪薬や鼻炎、鎮痛薬でドーピング禁止薬を含む例、含まない例

4、花粉症やアレルギー性鼻炎 医療機関での治療とそこで出す医療用薬品の注意

5、試合前に風邪かなと思った時・・・喉が痛い、咳が出る、熱がある

6、花粉症をもつ選手の花粉症対策

7、耳鼻科で副腎皮質ステロイド(コルチコステロイド、グルココルチコイド)を治療に使う場合

8、耳鼻科で利尿剤を使う場合

9、カフェイン

10 慢性的な痛みや頭痛

11、シドニー五輪と花粉症
もし資料や、こういうふうにしたらいいという場合は、メールで教えていただけたら幸いです。
今は日本水泳連盟から出てる、新、ドーピングって何?(汚れた勝利を手にするな )、耳鼻科雑誌JOHNS,などから作っています。

中国水泳チームの、1994年における不正を、アジア大会で暴いた、
汚れた金メダル 松瀬学 文芸春秋 これは永遠のバイブルとして読んでいます。

スポーツと耳鼻科へ戻る
部位別索引ページへ戻る
トップページへ戻る