乳幼児で難聴発見の場合、その訓練や補聴器装用(特に言語習得前)

当院でABRを2004年7月 土曜午後から予約制で施行しています。予約制なので必ずご連絡ください。できたら直接でなく
前もって電話ないし外来に一度受診されて相談ください。午後から半日数時間につき1人の検査です。 言葉の遅れなどが気になった場合は一度ご連絡ください。


今から特集していこうと思っています。
なお、私は過去大学病院でずっと幼児難聴施設を担当していました。そのことも含め、
個人差があること。
心理的なケアが(特にご家族には)必要であること。
早期からの聴能訓練の必要性。
ただ発見するだけでなく、その後の補聴器装用、聴力経過観察、言語習得への道、
親子を含め情緒の安定が必要と思っています。
しかも少なくとも思春期まではきちんと経過を
この4つについては見る必要性はあると思います。

当院でABRを2004年7月 土曜午後から予約制で施行しています。予約制なので必ずご連絡ください。できたら直接でなく
前もって電話ないし外来に一度受診されて相談ください。午後から半日数時間につき1人の検査です。


1、どういうことで気がつくか。
子供は標準的な聴力検査がまだ出来ないことが多く、
幼児と 1歳までの子供の聞こえのめやす
幼児難聴 5歳までの子供の聞こえのめやすで判断することが多いです。
2、どういう検査があるか
難聴 子供,特に幼少時の聴力検査

難聴児の検査より、新生児聴力検査
ABR 聴性脳幹反応
3、その検査で難聴疑いと新生児に出た場合、それは正しいか
 ・・・幼児難聴 乳児新生児難聴の発見 新生児でAABR(ARGO-II)で反応がないと言われた場合
4、高度難聴と幼少時診断された場合の訓練と補聴器装用・・・幼児難聴 新生児、乳児の高度両耳難聴が指摘された場合
5、高度難聴児と人工内耳適応・・・・幼児難聴 子供と人工内耳、 特に幼少時からの高度難聴児において
6、幼少時からの補聴器装用とトレーニングとは・・・幼児難聴 幼児や乳児の補聴器をつけてのトレーニング開始は
7、中等度難聴とトレーニングについて・・幼児難聴 幼児の中等度難聴と補聴器適応や注意

8、補聴器について・・購入するにあたり参考になるのではというシリーズとして先日の原稿として補聴器  質問とお答え集に解りやすくのせています
補聴器装着後の疑問
,
補聴器を使用してから
9、補聴器両方着用について・・・補聴器 難聴の場合の両耳補聴器
10、片方のみの難聴・・・難聴 子どもの片方難聴

にさらに加えます。具体的に補聴器購入の際、どういう予備知識があればいいかをシリーズで書きます。

1、補聴器の型(箱型、耳かけ型、耳穴式、めがね式)と起こしやすい故障)補聴器の型(耳穴、耳かけ、箱型)の特徴

2 補聴器の価格について 内部の回路 信号処理と制御装置から分けて

3 アナログ補聴器とデジタル補聴器の違いと

まだ工事中です。

部位別索引ページへ

耳鼻科50音辞典フロントページへ戻る

主な症状からの索引のページに戻る

お医者さんに聞きたいちょっとした疑問のページに戻る